見た目が気にならない矯正方法


人前に出るお仕事の方は、矯正中の見た目も気になりますよね。そこで今回は、「立川で矯正歯科をお探しの方へ 失敗しない歯科矯正」のサイトの中から、矯正中の見た目が気ならない矯正方法をピックアップしてみました。
一つ目が、「クリアブランケット」です。
これは、歯に装着するブランケット(矯正器具)を透明なプラスチックにするものです。ワイヤーの色も歯に近い色が選べます。

次に「リンガルブラケット」です。
これは、ブラケットをリンガル(舌側)に装着するものです。
正面から見ただけでは、歯を矯正していることは全くわかりません。歯の表面のエナメル質を傷つけないというメリットもあります。
ただし、治療期間は表側矯正よりも長くなります。慣れるまでは、ちょっと発音しにくくなることもあります。

最後にマウスピース矯正です。
これは、歯型から取ったマウスピースを装着する方法。定期的にマウスピースを入れ替えて、少しずつ矯正していきます。
もちろん、マウスピースは食事や歯磨きの時に取り外せます。
だたし、毎日20時間以上の装着が必要です。
以上3点、ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
「立川で矯正歯科をお探しの方へ 失敗しない歯科矯正」では、皆様に役立つ情報を随時更新していきます。